アパート経営をするには資金が必要なのか

アパート経営を始めるためには資金が必要ですが、いくらの資金が必要になるかということはケースバイケースなので一概には言えません。属性の良い人ならばフルローンを組めることもありますが、その場合にはローンの諸費用や仲介手数料などで200万円程度があれば足りることもあります。一般的には最低でも500万円は必要になると言われています。1棟アパートは安いものならば2000万円で購入することができますが、築年数が古いものとなりますので、数年で取り壊しが必要になってしまう可能性もあります。競売物件ならば2000万円でもそれなりのものが購入できますが、競売物件ではローンが組めないという欠点があります。競売物件を購入する時には、一括支払いが原則なので、2000万円程度の手持ち金が必要になります。

ローンを組むなら頭金はいくら必要になる?

競売で1棟アパートを購入する場合には不動産投資ローンを組むことはできません。しかし、カードローンで資金を調達することなら可能です。限度額1000万円、金利1.8%という好条件のカードローンも存在するので、カードローンで借りることも検討してみましょう。一般的には、頭金は2割~3割程度は必要であると言われています。不動産投資ローンの審査に通るだけなら2割くらいあれば可能性はありますが、リスクを下げてアパート経営を行うためには3割くらいは用意しておくことが理想となるでしょう。アパートは経年劣化の問題があるので、年々価値が下がっていきます。家賃を下げなければいけないだけでなく、アパート経営を終わらせてアパートを売却する時の売値が下がってしまうという問題もあります。

お金がなくてもアパート経営はできる

フルローンを組むためには、安定して高い収入を得ているということの他に、収益性の高い物件を選ぶということも重要になります。収益性の高い物件というのは、高い家賃を設定していても入居者が常に埋まるような物件のことを指します。家賃収入がたくさん入ってくるのなら余裕を持ってローンを返済できますので、フルローンを組むことも夢ではなくなります。しかし、そのような優良な物件というのはだれもが欲しがるので、簡単には手に入りません。市場に出回っていたとしてもすぐに売れてしまうでしょう。もしも競争になったら、価格が上がってしまうので結局は妥当な値段に落ち着くことになります。フルローンを組むためには、やはり本人が安定して高い収入を得ているということが重要になるでしょう。公務員の人や大企業に務めている人などは有利になります。

アパート経営に大切な土地の選定に関しては将来性を考え妥協いたしません。 実際に経営されているオーナー様方からいただいた生の声をHPにて掲載しております。 土地をお持ちの方も収益を生み出し有効活用していくことが可能です。 ローン返済サポートシステムの導入により更なる安心を得ることができます。 東京、福岡、大阪、名古屋、広島、宮城、岡山にてアパート経営が行えます。 自己資金の活用で堅実なアパート経営