知りたいアパート経営に必要な資金

アパート経営に必要な資金は、2種類あります。自己資金とローンです。自分のお金だけで、アパートの経営をしようと考える方がいるかもしれません。しかし、それは現実的ではありません。アパートを購入するときは、多くのお金が必要になります。自分のお金だけで、アパートを買ったら、手元に残るものがなくなります。手元にお金がなかったら、トラブルがあった時に対応できません。このような状態は避けることが大切です。ローンは銀行から借ります。借りる時には審査がありますが、アパートの経営の計画をしっかりと立てることができたら、審査には通ります。計画書を銀行に提出することになるので、具体的で説得力のあるものを作らなければなりません。自分の購入した物件に収益性があることを書く必要があります。

あらゆる事態に備えてお金を集める

アパート経営をする時には、まず自己資金を集める必要があります。このお金は、多ければ多いほど有利になります。アパートの経営をしていると、思わぬ事態が起きることがあります。日本の場合は地震が多いので、大きな地震によってアパートがダメージを受けることがあります。そんな場合は、大家が責任を持って修理しなければなりません。大きな地震は、やや極端な例ですが、それ以外の事態にも備えなければなりません。例えば、古いアパートだったら、雨漏りがすることがあります。その場合に修理するのは、大家の責任です。雨漏りの修理だったら、雨が入り込んでくる場所に使われている資材を、新しいものに変えなければならないので、50万円以上かかることがあります。このような時に備えて、少しでも手元にお金を残しておきましょう。

銀行から融資を受けるようにする

アパート経営をするときは、自己資金に加えて、銀行から融資を受けるようにしましょう。ほとんどの銀行で、このタイプの融資を行っています。ローンを受けられたら、まずアパートを購入する時に使えるようになります。アパートを丸ごと買うには、かなりのお金が必要です。ローンがあれば、それを活用して負担を減らせます。自分には手の届かないような物件も、買える可能性が出てきます。銀行のローンには、審査があります。このハードルを乗り越えるには、難しい面もありますが、絶対に不可能ではありません。自分の買った物件により、利益を得られることを証明できれば、審査には通ります。計画書を提出するので、それを充実した内容にしましょう。説得力があって、分かりやすい計画書を作るようにします。