資金が無くてもアパート経営はできるのか

不動産経営は入居者から毎月家賃を受け取れるため、安定的な収入が期待できる魅力の溢れた投資法です。数ある不動産投資の中でも、投資初心者の方に選ばれているのが区分けマンションとアパート経営です。一棟外のマンション経営や貸しテナントビル経営よりも、両者ともに初期費用をかけずに不動産投資を始めることができます。両者を比較すると、アパート経営は区分けマンション投資よりも優れた点を持っています。区分けマンションでは貸し出せるのは1部屋だけですが、こちらなら建物内には複数の部屋がありその部屋をすべて入居者で埋めることも不可能ではありません。1部屋が空室になった場合でも、他の部屋からの家賃収入があるので経営を圧迫されません。部屋の数が多ければ多いほど家賃収入の期待値は高くなります。

資金なしでも経営を始められる可能性はあります

土地を所有していない場合は、土地を購入しなくてはいけません。また、建物を建設する必要もあります。さらに不動産取得税、登記や火災保険等の費用も必要です。このように、初期費用がかかるので多くの方が金融機関やノンバンクから融資を受けて経営を始めています。現在貯蓄が少なくまとまったお金が用意できないという方でも、アパート経営を始められる可能性はあります。金融機関やノンバンクからは資金のない方でも借り入れが可能です。実際に融資を受けられている方も多数います。ですが、融資を受けるためには審査を受ける必要があります。この金融機関の融資審査に合格できれば、手持ちのお金が少なくても経営に着手することができるでしょう。ですが、頭金が0円の場合は金融機関の審査は厳しくなる傾向があります。

金融機関から融資を受ける際の審査について

金融機関から融資を受ける場合は、個人情報が重視されます。現在働いている企業の規模や業績、その方個人の年収や勤続年数、また年齢や信用情報、転職歴が審査されます。また、建設や購入する物件の収益性や担保価値も需要な点です。このため、大企業や高収入の方は融資を受けられる可能性は高いと言えます。逆にお金を用意できていない方は、審査の合格は難しくなると言わざるを得ません。頭金なしで融資を受けたい場合はこの点に注意が必要です。物件を購入する際は、物件に対して3割程度の金額を最低限用意しておく必要があるとされています。3000万円の物件なら1000万円、6000万円の物件では2000万円といった具合です。自己資金がなくても融資を受けられる可能性はありますが、ある程度のまとまった金額を用意してからアパート経営に臨むのが最善の方法だと考えられます。

2017年8月7日